Kauriとは

Kauriが目指すもの

より良いカットソー作りを通して、
100年後、多くの人に感謝していただける会社を目指します。

Kauriの目的は、単に高品質なカットソーを作り、自社を潤すことではありません。もちろん、会社として利益を得ることは必要ですが、それ以上に社会に貢献できる会社でありたいとKauriでは考えております。
カットソー作りにおいて妥協することなく、お客様の求めるカットソー作りを追求し続けることで、自社だけでなく、縫製業界全体をより魅力的な環境に整備していくことができれば、きっと100年後も高品質なものづくりを行える業界を遺していけるのではないでしょうか。今だけではなく、未来までも見据えたものづくりを行っていくことこそが、Kauriの使命であり、目指すべきものだと信じて、これからも邁進してまいります。

ものづくりにおける、Kauriのこだわり

ものづくりにおける、Kauriのこだわり
Kauriでは、ものづくりを行う上で、何よりも"良いものを、スピーディにお届けする"という気持ちを大切にしてきました。お客様一人ひとりに感謝しながら、しっかりと良いも のを作る中で、Kauri独自の強みが生み出されていきました。

イメージを着実に形へ

イメージを着実に形へ

創業以来、カットソー専門のOEM生産を行ってきたKauriでは、お客様のご要望を最高の形で商品化できるよう努めております。「素材や縫製技術、流行などを知り尽くした企業ならではの提案」だと、多くのお客様からお喜びいただいております。

企画・戦略から考えるOEM生産とは

良いものを、より早く

良いものを、より早く

Kauriでは、良い製品をお客様にお届けするのは当然だと考えています。その上で、できる限り早くお届けできるように体制を整備。社内のパターンチームと製作チームを隣接する環境に置くことで、"お客様に最速でご提案できる"という強みが生まれました。

Kauriが織り成す匠の部屋とは

Kauriの由来

Kauriの由来

天に向かって伸び続けるカウリの木のように、永遠に成長を。

Kauri(カウリ)という社名は、ニュージーランド特有の大きな木の名前に由来します。カウリの木は、高さが50m以上、幹の直径では15m以上になるものもあるほど大きく、その樹齢も1,000年を超すものが多いなど、まさに神秘の木です。幹の下の方の枝は自然と落ちてしまう特性があり、枝の無い太い幹が天に向かって真っすぐに伸びている姿は、壮観です。

当社を設立する際に社名を考えていたときに、このカウリの木と同じように、天に向かって成長し続けていく会社にしたいという想いを込め、社名をKauriにしました。

Kauriの由来

Kauriの会社案内を見る